ウルセラなどで愛されBODY~美容界の風雲児的施術法を一挙公開~

失敗やアフターケア

神経や筋組織が傷つく

女性

脂肪吸引は、体内の皮下脂肪を細い管によって吸い出すことで、その部位に痩身効果をもたらすという美容術です。皮下には神経や筋組織などもあるため、脂肪吸引ではそれらを傷つけないよう、あらかじめ皮下脂肪の剥離がおこなわれます。剥離には、ジェット水流やレーザー、超音波などが使用され、それによって皮下脂肪のみを吸い出すことが可能になります。 しかし、人によって神経や筋組織の場所や形に違いがあるため、剥離に失敗し、吸引の際に傷つけてしまうことがあります。失敗した場合には、脂肪吸引後にしびれたような感覚が残ることがありますが、しかし日数の経過とともに改善されていくことが多いです。また、クリニックでは回復を早めるためのビタミン剤が処方されるので、それを服用することも大事です。

アフターケアで回避

脂肪吸引をすると、その部位から皮下脂肪がなくなることで、周辺との段差が目立つことになる場合があります。せっかく皮下脂肪が減っても、美しいボディラインにならなければ、脂肪吸引は失敗したと言っても過言ではありません。そのためクリニックでは、こういった失敗を防ぐためのアフターケアとして、脂肪吸引後にエンダモロジーやマッサージなどがおこなわれます。 しかしそれだけでは凹凸が残ってしまうことがあるため、それを回避するために自宅で自分の手でもアフターケアをすることが大事です。具体的には、入浴後のマッサージやサポーターの着用などで、これにより皮下脂肪が偏った状態で固まってしまうことが防がれます。なめらかなボディラインに仕上げるためには、3ヶ月ほどのアフターケアが必要とされています。