ウルセラなどで愛されBODY~美容界の風雲児的施術法を一挙公開~

安全に脂肪細胞を除去

人気が高くなっています

女性

脂肪溶解注射は1952年にフランス人医師が開発した治療法で、当初は主にペインコントロールなどを目的としていました。脂肪溶解注射は様々な成分を組み合わせて薬液を作り、それを患部に注射するものです。成分の構成によって脂肪溶解の効果があるということがわかってきました。医療現場では高脂血症や脂肪肝の治療に使われており、安全性の高さは証明されています。 美容面での応用は1990年代にヨーロッパからアメリカ、そしてアジアへと広まってきました。注射をすることで脂肪細胞を破壊し、破壊された脂肪細胞はゆっくりと体外に排出されていきます。脂肪細胞そのものを破壊することから切らない脂肪吸引として注目を集めています。日本でも施術を行うクリニックが増えています。

手軽さが人気の理由です

脂肪溶解注射は医療現場でも使われている安全性の高い施術です。痩せたい部分に注射することによってダイレクトに脂肪に働きかけます。脂肪溶解注射は1回3万円程度でしたが、広まるにつれ1万円程度で行うクリニックも増えてきました。1回の注射では大量の脂肪の除去はむずかしく、何回か通うことになります。しかし、切る脂肪吸引が怖い人や、失敗が怖い人には、脂肪溶解注射は安心して受けることができる切らない脂肪吸引です。 もともと1回の注射という安価で手軽で安全なところが人気ですが、今後はさらに施術を行うクリニックが増え、価格も低価格に推移していくと思われます。また安くて手軽でダウンタイムがいらないということで若い人でも気軽に受けられるようになり、脂肪溶解注射を受ける人が増えていくと見込まれます。